--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2012.12.16

友だちにお誘いいただき、友だちの知人の方のピアノコンサートに~。

曲目は、バッハ、生誕150周年のドビュッシー、ラヴェルにショパン。
アンコールの曲がとてもステキだった。なんだろ~。

ドビュッシーは、コンサートの前に訪れたちひろ美術館での作品を思い起こさせたわ~。
ふわふわあわあわきれい~な感じ。(言葉で表現できないぃ)

ショパンは、スケルツォ2番と英雄ポロネーズ。
どちらも昔、発表会で弾いた曲。
それなりに苦労したので、そのことなんかを思い出して心拍数があがったわ。。
今思えば、よく弾けたなぁw

休憩中には、オーガニックのフレーバーコーヒーサービスが。
聴衆側も一息つけていいね。

やっぱりピアノの音は好き。コンサートもっとたくさん行きたいな~♪



スポンサーサイト

| | コメント(0) | |

2012.12.16

たまたま入場無料との情報を目にして。前から行ってみたかったので、これはラッキー♪と。
12/15のいわさきちひろさんの誕生日を記念して、翌日の16日が無料に。
絵葉書プレゼントもあって、うれし。



ちひろさんの住まい跡地に建てられた美術館は、こじんまりながら作品数たくさんで大満喫。
子どもの頃、絵本をたくさん読んだな~ってなつかしくなったり、作風からあったかい気持ちになったり。

そいえば、ちひろさん、ベトナム反戦のための絵本を描かれた縁で、ホーチミンの戦跡博物館にちひろさんの作品の部屋があったわ。。

国際的絵本作家 出久根さんの企画展も同時開催で。
むむ~、おもしろい。

絵本って、あまり注目したことなかったけど、ひとつの画集だよね。
絵本をいろいろ見たくなったわ~。

| | コメント(0) | |

2012.08.19

@写美。


毎年必ず行っている写真展。
(招待券をいただけるのがありがたい。)

観終わったあとは、しばらく誰とも話をしたくなくなる気分になるのだけれど(って、毎年blogに書いているような。。)、世界で起きている現実を、そのほんの一端ではあるけれど、ちゃんと認識しておかないとって。

今年は中東や北アフリカ関連が多かったかな。そういったそのときどきのテーマもありつつ、エイズ問題など、ずーっと前から続くものあって、また来年もこのジャンルの作品を観ることになるのかな、、、とか。

あれこれどんよりするけど、結論は、やっぱり自分にできることを少しずつでも地道にしよう、ということに毎回至り、ボランティアへのモチベーションを得る機会にもしている。

----------------------------
世界報道写真展2012
2012/6/9-8/5
東京都写真美術館(恵比寿)

| | コメント(0) | |

2012.05.13

@東博。

全体的には渋めな印象かな。
江戸→明治の、大名家からの名品流出や廃仏毀釈をまぬがれボストンに渡った作品たちの里帰りという点では感慨深いわぁ。よくぞ帰ってきたねと。
曾我蕭白の作品は評判どおり、見ごたえあり。
tohakuBoston.jpg

---------
ボストン美術館 日本美術の至宝
2012/03/20-06/10
東京国立博物館

| | コメント(0) | |

2011.12.09

@劇団四季 自由劇場(浜松町)
chorusline.jpg

感動して最初から最後まで泣きっぱなし。
思い出し泣きしそうになるくらい。

ダンスや歌の素晴らしさはもちろん、オーディションの場面が描かれているストーリーと俳優さんたちのリアルが重なったり、ここまで到達するまでの練習量などなどを考えたら、んもー、涙。

会場の劇場は趣ある造り、かつこじんまりで舞台との距離がとても近くて大迫力。

本当に素晴らしかった!また観たい!


| | コメント(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。