--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2011.04.27

11/4/27 朝日朝刊。

GWに被災地で活動する心構え、との見出しだったけど、GWに限らずだよね。

・被災者と同じ気持ちになるのは不可能。共感しようとする姿勢が大事。
・ボランティアの「何かをしたい」という思いばかりが先に立ってしまうと、被災者の心情との間に落差が生まれかねない。
・まずは被災者のペースに合わせ、ゆっくりと寄り添うように話を聞き、信頼関係を築くこと。その中から、被災者にいま何が必要か、考えていく力がボランティアに求められる。

・ボランティアバスでの参加は、ボランティアを振り分ける現地の負担も、支援先を探す本人の負担も少なくて済む。
・個人で行く場合には、全国社会福祉協議会(全社協)の「被災地支援・災害ボランティア」が役立つ。
・ボランティア保険への加入を。ひとのものを壊したりする危険がある。支援先に迷惑をかけないためにも。

●記事内で紹介されていたサイト
・全社協 被災地支援・災害ボランティア
http://www.saigaivc.com/

・全社協「災害時のボランティア活動について」
http://www.shakyo.or.jp/saigai/katudou.html

・東日本大震災支援全国ネットワーク
http://www.jpn-civil.net/

・東京ボランティア・市民活動センター
http://www.tvac.or.jp/

・日本災害救援ボランティアネットワーク
http://www.nvnad.or.jp/top.html

●その他、自分で見かけたもの
・ニコニコボランティア
http://volunteer.nicovideo.jp/

・助けあいジャパン
http://tasukeaijapan.jp/

・ボランティアプラットフォーム
http://b.volunteer-platform.org/

・ふんばろう東日本支援プロジェクト
http://fumbaro.org/

| ボラ・国際協力 | コメント(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。