--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2011.06.18

「base knowledge」と題したWSに参加。

テーマは「今だからこそ考える、ミニマルに最低限必要なものを備えるための知恵。25Lのバックパックの中身とその使い方。」
ゲストスピーカーは柏澄子さん。

震災後、避難グッズを準備していたときに感じたけど、アウトドアグッズってかなり有効よね。

会場は原宿のTHE NORTH FACE 3(March) 。
女性向けの店舗。今年の3/3、おひな祭り=女の子の日にオープンしたんだって!
店内は、こんなラインもあったんだって感じのバス&ボディケアのアロマグッズの香り漂う癒し空間。

参加費\1,500はちと高い気もしたけど、全額震災支援に寄付されるというからよしとし。

今回が第1回目とあって、全体オペレーションの慣れない感じが、逆に堅苦しくなくてw
ust中継用に、プレスの方がスケッチブックに要点を大文字でまとめて提示したりもしてた。ハッシュタグで質問集めるのもすっかり?定着したよね。
後半には飲物も配られたり(ビールもあった!)、女子のみのイベントで終始和やか~。

あ、で、内容は「bese」ということだったけど、改めてうなづくところや為になったところも多々。

以下、つらつらメモ。
○全般
・アウトドアグッズは過酷な自然の中で使う仕様になっているので、震災などいざというときに役に立つものが多い。
・持ち物は、その人次第。自分で考えるもの。
○ダウン、ウィンブレ、レインウェア
・暑すぎる/寒すぎる、というのが体に負担になる。
・ダウンの弱点は、濡らしてはいけないということ。(シュラフも同様。)
・濡れは、雨だけでなく、自身の汗でも。よって、アンダーウェアは吸汗速乾のものを。消臭機能つきのものもよい。
・濡れ/風/低温、の3つを避けなければならない。
・濡れると通常の23~25倍のはやさで体温を奪う。
・ウィンブレは、袖口・すそ・頭・首を絞ってフィットさせる。
○ソックス
・靴擦れはムレが大きな原因。
・シワは疲れの原因。
○アームカバー、ネックウォーマー、帽子
・保温、日焼け対策。
・調整しやすい。
○水、食料
・ハイドレのパックは湯たんぽ、枕、アイシングパックにもなる。
・[質問への回答]「トレイルミックス」(ナッツやドライフルーツが混ざったもの)は必ず持っていく。スピーカーさんは自作。コストコで購入可と参加者から。
・水は、一番多いケガであるすり傷を洗い流す用にも使える。
○バーナー
・点火時は火気厳禁。栓を閉めるのを忘れないように。
・少ない燃料でいかに火力を出すか。精密にできている。
○エマージェンシーブランケット
・地面からの冷えはすごい。
○パッキング
・下に軽いもの、上に重いもの。
・25Lくらいならば、上をよく取り出すものにしても問題ない。
・隙間なく、左右対称に。
○ファーストエイドキット
・テーピングテープは多用途。
・いろんなサイズの絆創膏があるとよい。

| 走-いろいろ | コメント(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。